医療機器を買うためには

医療機器購入の場合

薬事法

医療機器の購入に補助金活用

新たに医療機器を購入しようとする場合ですが、高額なものが多いので公的機関からの補助金もしくは助成金が受けられれば助かるというものです。だいたい購入費用の2分の1を限度に助成してくれることが多いですが、先端機器などの場合は特別な補助が得られることもあります。これらの事業は、事業を管轄する官庁や都道府県、市町村などの自治体が行っています。しかし、常時行っているとは限りませんので、情報をチェックしタイミングを見計らうことに留意したいものです。例えば厚生労働省なら、ホームページを開いて政策についてのというメニューから医療、医療機器をクリックして情報を入手します。中小企業や個人事業者向けの補助は、都道府県レベルで行っていることが多いです。これもホームページで募集しています。

治療の機器を購入する時の注意点

医療機器は普段使用している家電に比べて需要や販売までの審査などにより費用がかかり高価なものが多いです。しかし、十分かつ安心な治療を行うえでなくてはならない存在です。特に在宅医療を行う際、機器の多くはレンタルや購入なため自分で考えなければなりません。特定の疾患や一定の条件を満たすことにより医療機器の購入の際に補助金がもらえるものもあります。治療に必要なものであってもすべてに補助金が出るわけではないので注意が必要です。そのため、目的の治療が補助の対象である場合治療の費用負担が大きく変わってきますので確認しておく必要があります。

↑PAGE TOP